特定健診とは


生活習慣病予防のために2008年度から始まった、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした健診です。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して検査することから、一般的には「メタボ健診」と呼ばれることもあります。

検査項目は、従来の健診に、腹囲の測定が追加されています。

メタボリックシンドロームの診断基準に沿ってリスクを発見された受診者には、「特定保健指導」という、医師、保健師などによる指導が行われます。

特定健診:所謂、メタボ健診。

根拠法は、高齢者医療確保法。保険者に実施義務が課されている。
「保険者」=各健康保険組合、市区町村。
対象者は、40歳~74歳の全国民。

診項目

①問診(厚労省指針に基づく22項目、高血圧・脂質異常症・糖尿病に関する服薬歴や喫煙歴等あり)
②自覚症状及び他覚症状の検査(所謂「医師診察」)
③身長・体重・腹囲
④BMI
⑤血圧
⑥血液検査

a)肝機能(GOT、GPT、γ‐GTP )
b)血中脂質(TG、HDL‐c、LDL‐c)
c)血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c )

⑦尿検査(尿糖・尿蛋白)
※上記のほか医師が必要と判断した場合、下記項目を追加
⑧心電図検査
⑨眼底検査
⑩貧血検査(R、Hb、Ht)

☆上記各項目の健診結果によって、医師・保健師または栄養管理士等による

「動機づけ支援」または「積極的支援」の特定保健指導の対象となる。

ドクターによる無料メール相談

Information

TEL.03-6433-9713
診療時間内にて受付しております。
〒140-0001
東京都品川区北品川1-22-17
ニックハイム北品川1階110

ドクター無料相談フォーム

サービス一覧

ページ上部へ戻る